交通広告を事業に持つ株式会社DSC


電車やバスといった公共の交通機関に乗車すると、
紙媒体による広告があちらこちらに目に入るのではないでしょうか。
広告の種類は様々で、たまに斬新な広告を
発見する時があるのではないでしょうか。
そんな交通機関内で掲載されている広告に関して、
法律相談事務所の案内の広告物の制作に
力を入れている広告代理店があります。
その会社が、「士業」と呼ばれる
法律問題のスペシャリストの方達を相手にする、株式会社DSCです。

株式会社DSCは一人でも多くのユーザーが
法律相談事務所に足を運んでもらうため、
様々なマーケティング戦略を打ち出していますが、冒頭で紹介した通り、
今回は交通広告について簡単に説明したいと思います。

交通広告は、広告物の掲載場所・掲載期間によって、
得られる広告効果が大きく異なる特徴があります。
そのため、十分な広告効果を上げるためにはどの媒体を選ぶべきか、
また、どのような広告内容がユーザーにとって
有益な情報(コンテンツ)と考えるべきか、
この2点を鑑みてマーティングを練らなければなりません。

しかし、株式会社DSCは過去の実績データから、
ユーザーが対象のクライアントに囲い込むための
独自のマーケティング戦略が豊富に積み重なっているので、
どのクライアントに対しても効果的な
マーケティング戦略を立案・提案することができます。

交通広告に関しては乗客と密接な関わりがあるため、
商品購入のリーチ率が極めて高いです。
さらに、首都圏に近いほど交通量が多いため、
それに比例して交通広告の数も多いので、
ブランディング効果も期待できます。

以上が、株式会社DSCの交通広告に関する
マーケティング戦略とメリットについての説明です。